それって当たり前?

日々感じたことを徒然に。

もふもふモフモフ#7

5月31日(木)のもふもふモフモフでした。
先ずは、びっくりした猫。

f:id:e-keiko:20180603133437j:plain

テーブルのお皿が取れないワンコ。

f:id:e-keiko:20180603133446j:plain

 

看板ワンコのプリム♂。鳥取県の結婚式場で、結婚指輪を届けるのがお仕事。
新郎、新婦と記念撮影。

f:id:e-keiko:20180603133505j:plain

 

湯布院の看板猫、あんず♀元保護ネコ。犬と一緒に育ったため、遊び方が犬のよう。

f:id:e-keiko:20180603133523j:plain

  

最後は、もふもふモフモフスター列伝。
大人気!マンガのモデルわんこ。秋田のガラス工房に、飼い主の小松さんと、妹分のポコ♀と暮らしています。
ムーコさん。♀実在のモデルで、甘えん坊。

f:id:e-keiko:20180603133618j:plain

 

f:id:e-keiko:20180603133622j:plain

 

f:id:e-keiko:20180603133628j:plain

 小松さんが仕事中は二匹とも仕事の邪魔をしないで静かにしています。
が、休憩となると、すぐに小松さんに甘えにいきます。
ご飯の催促も、会話で伝えます。そして、かまってかまってはお腹を出しておねだり。
そんな日常がマンガになっている、スターわんこ、ムーコさんでした。

f:id:e-keiko:20180603133647j:plain
   

今週も、堤慎一さん、絶好調のご案内でした~!

 

              

年賀状が来なかった人。

年齢を重ねるようになると、”年賀状終了宣言”をされる方が毎年一人か二人くらいいらっしゃる。

 

年賀状を出さなくてはという気を遣うことが面倒になると予想される。

したがって、お正月も落ち着いた頃、年賀状の整理をし、住所録の備考欄にその旨を書き込む。

来年は出す枚数も減るのだと、ちょっと寂しくもある。

 

お互いに、

「生存確認だからね!」

と、冗談で言い合ったりするが、実際にそうなのだ。

 

今年の年賀状事情の中にはそれが実際に起こっていた一枚があった。

 

毎年交換していて、たまにはメールでも近況報告をしていた人がいた。

その人から年賀状が届かなかった。

最近までなにか事情があったのだろうから、返信の賀状で届くのかもしれないと心の内では

待っていた。真顔

 

その人は、私の人生の中では貴重な体験となった場所でいろんな人に巡り合った時期に、一番一緒に行動を共にし、思い出にも残る場所へと繰り出した人なのです。

 

海外での短期留学時にクラスメートの学生だった若者だった。

私は仕事と仕事の間を利用しての一人の主婦&母親でしたが思い切っての参加。ニコニコ

 

クラスが一緒ということで授業の終わり時間も同じで時間が取りやすかったのも理由で、

兎に角授業が終わると探索するように都市の周辺やその郊外へと観光案内のガイドブックを踏破するくらい歩き、電車に乗り、渡し船のようなボートにまで乗りに行った。(結果乗ることになった。)

 

海岸沿いの砂浜に近いこんな道を自転車で走った。

きつかったけど、彼はギブアップしなかった。

「On your left!」と、声かけて抜いていく人のマナーが新鮮だった。

 

学校の小旅行の募集にも参加して、アメリ東海岸のバスの旅も一緒だった。

 

だから、帰国後も、何かと連絡を取り、彼が就職後は仕事で私の住んでいる場所の近くに出張で来る時に再会できたこともあった。

 

その後は年賀状で、結婚した際の写真も見れて順調に幸せそうな彼の姿に親のような気持ちで嬉しかった。

 

メールのやり取りもできるようになってからは時々あの頃のことを振り返ったりして楽しかった日々を確認したりしていた。

 

だから・・・、不思議に、思っていた。不安

 

2023/01/23だったと思う、ある寒中見舞い状が届いた。

 

彼のお姉様からだった。

面識のある方ではない。

 

今年の年賀状から手繰ってお知らせくださった寒中見舞い状だと思われる。

彼は、2022/02/末日に永眠されたと書かれていた。

 

まさか、えっ?、何?嘘でしょう?と、葉書を読み直した。

 

 

暫くして、去年の年賀状は来ていたが添え書きが全くなくて、珍しいことだなと思ったことに

繋がった。

何かあって、それでもとにかく書いてくれたのかもしれない。

 

いつもと違って、何か変化があったらメールでも電話でもするべきだったと後悔した。 悲しい

 

大事な思い出を一緒に作ったけれど、日常の中ではプライベートに踏み込んではいけないと、

元気にお仕事しているだろうと想像していたし、負けず嫌いな真面目な人だったので、体力的にも

大丈夫な今や中堅となって仕事をしている男性になっていると思っていた。

 

その彼の永眠をお姉様が知らせて下さった。

 

能天気に、あの頃は楽しかったこと、私の家族のことなど書き添えたのでお知らせ下さったのだろう。

彼は読んでくれたと思っていたが、もう届かない世界に逝ってしまっていたんだ。悲しい

 

頻繁に会える訳ではない、距離的にも住まいは遠い、お互いに生きているのが当たり前だし、

いつか機会があれば北アルプスの連なる彼の町に行くのもいいなと思っていた。

まだまだ行く機会はやってくるはずと思っていた。

楽しみでさえあった。

 

そんな当たり前が突然遮断されてしまった。

 

そんなことってある?

逝くなら私の方がずっとずっと先にの筈だった・・・、なのに何故?

彼は人生まだまだこれからなのに・・・。

 

お姉様に、お手紙だけは、先ず、書きたい思いでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めてテレ東BIZさん。

 

2022年の春、A宮家の長男が進学する高校のことでいろんな憶測が飛び交った時期の

このテレ東BIZさんの映像に、私も違和感を感じたものです。えー

 

以下は「エトセトラジャパン」様がテレ東BIZの映像も含めて記事にされたものです。

引用失礼します。

 

 

 

上記の記事やテレ東BIZさんの映像を見て私も記事にしていました。

2022/03/29の記事です。👇

 

 

前撮りだの場所がおかしいだのと不思議なことばかりでした。

結局今でもそんなことに対する説明など無いまま、彼の高校生活は始まり、苦難の道を歩かれて

いるようですが。真顔

 

今回は、こうして彼は親の思い通りの高校に入学して、その後の前期試験の結果は国民の知るところとなりましたが、それに対して彼自身や親がどう思っているのかなどという説明は勿論ありません。えー

 

でも、私はテレ東BIZさんの2022/03/18の映像を見てこのお子様が可哀想でなりませんでした。

 

雨の中を高級車で昭和天皇陵に報告に向かった映像、上皇ご夫妻に報告に向かった映像、そんな中で仕事としてその行事に従っている方々と共に決め事を行っていく中学生の男子の様子。ゲッソリ

 

車から降りる際は、サッと傘を渡される、高級車の中で後部座席に中学生の男子独り。

 

このお子様はこんな世界と、一方で自分と同年齢の子供たちとは、当然山登りをしたり、ですよね。

 

そんなリアルな世界では高級車もお付きの人もいません。

 

親の住む世界に当たり前の様に引っ張りだされたり、同年代の子供の世界で、その体力や知力を必要とされたりなんですね。

 

このお子様はそんな環境で混乱することはないのでしょうか?真顔

 

公の場でお付きの人達が揃えてくれる世界を当然と思いながらも、学生という世界でも生きなくてはならない。

 

 

私が親の立場だったら子供にこんな自分の立場が混乱するようなことは止めさせたい。

彼が可哀想でならない。ガーン

 

雨が降りそうなら自分で雨支度を考える子供で居てほしい。

それが立場上できないというなら愛子様はどうだったのでしょう?

 

愛子様は学生の頃、こんなに報告という名目で出歩かれていたでしょうか?

もし、そうだとしたら映像がある筈ですが。

 

愛子様は親の後ろから一緒に歩かれてどこかに参拝されたという映像は見ていません。

それに、入学、卒業の映像はお友達もいる場所での確かな映像でした。

 

 

何故、天皇家と、A宮家のお子様に対する国民への見せ方はこうも違うのでしょうか?

親の意図のまんま国民を欺くような日程ばかりの中で、決められた事しか言えなくなる。

そして、お付きの方に全て任せて受けるだけということを学んでしまうこの男子の育成振りは

彼の意思とは全く別なところに行ってしまう事態だと思うのですが。

大きなお世話、と言うところでしょうが。ニヤリ

 

 

目的が何なのかは親のするところで真実は分かりませんが、彼は意思と言うものを持たされないで、今の環境の中で、何を思って生きているんでしょうか?

 

彼は春には高校2年生になりますね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

本当のお姫様。

「ブルーサファイア」様、記事引用失礼します。

 

 

私は、津軽華子さんと言う方が常陸宮妃として決まった頃のことを覚えています。

ご実家の地元では提灯行列まで行われたという映像もあって、

「こういう地元ではお姫様が皇室に嫁ぐ方なんだ。」

と、納得したことを記憶しています。ウインク

 

ご両親の品格も、ご実家の家の様子も、3DKのキッチンに目隠しを作って急ごしらえしたお宅とは

全然違いますね。えー

 

映像も、写真も半永久的に残るもの。

 

どこまで行っても、本物は本物、付け焼刃は付け焼刃、その違いは経年すればするほど判明するものなんですね。ニヤリ

 

 

以下引用

 

私たちは永いこと、華子さまのような本物のお姫様ではない方を皇族として崇めさせられてきたので、

本物はどういうお方なのかわからなくなっていたように思います。

近年は特に、国民に後ろ足で砂をかけてNYに紐を連れてとんずらしていった方を内親王だと

信じ込ませられていましたからね。

 

上記引用

 

 

2023/01/21「日本馬術連盟」の表彰式に出席された際のお写真です。

ブルーサファイアさんも言われてますが、素晴らしい品格と威厳がおありになりますね。

国民も、こんな方に各連盟などの総裁などをして頂くと、表彰される際も心から

喜びが湧いてくるものなのでしょう。照れ

 

カピパラ食べてる人に生物学の表彰~!なんて出てこられても、表彰状まで傷つけられた気分になるでしょうね。チーン

 

こんなお写真拝見できて気持ちが清浄化できた思いです。

 

華子様、いつまでもお元気で天皇家をお支え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレジットカードが送られてきたのは・・・。

2023/01/28の記事に書きましたクレジットカードの破損の件。

 

 

支払いを機械に拒否られた楽天カードガーン

 

その対応は以下のようなものでした。

 

以下記事引用

 

楽天カードアプリを開いた。

支払い明細確認時のように「楽天e-NAVI」を開く。

「カードサービス」の欄から「カードを作り直す」を選択。

 

そこからは自分のデータが正しいことを確認し、

「作り直しの理由」を選択してカード作り直しの申請は完了!

 

引用終了

 

作業は2023/01/21(土)でした。

 

配送結果を心待ちにして到着したのが2023/01/27(金)でした。

1週間以内に届いたという結果でした。

 

”心待ち”というか、貧乏性というか、ポイントが付かないお買い物は勿体ないな~という心境でした。

ポイントも塵も積もれば何とやらで、まとまれば楽天市場で有効な買い物ができますからね。ウインク

 

早いのか遅いのか微妙なところです。ニヤリ

 

この間、他社のクレジットカードを3回程使って過ごしましたが、ポイントが付かないのがちょっと残念でした。チーン

 

しかし、その内1回はガソリンスタンドだった。

破損してるが試行してみてやはり無理だったが、スタッフさんが

「ポイントを読み込む部分はOKだったのでポイントは付きましたよ!」

と言ってくれた。

「他社のクレジット支払いでラクテンポイントがつく?」びっくり

と、そのシステムに?だったけど、そのようだったらしい。

 

この件はラクテンカードの支払い明細を確認すればわかることなので再確認するつもりでいる。

 

それにしても、買い物をする店舗のクレジットカード読み込み機のどこかで傷が付いたということなので、

これからは事後カードをよく見ておこうと思っています。真顔

 

それに、カードの案内事項に、

「タッチ支払いがお薦めです。」

と書かれていた。

 

今回のようなことがあると、支払いの際はそのようにお願いしてみようと思いました。

 

 

と、思っていたところ・・・タッチ決済を調べたところ以下のようでした。ガーンガーンびっくりマークはてなマーク

私のカードはJCBでした。アセアセ

 

お粗末様でした。<m(__)m>

 

もっと便利な方法考えてみます!チーン

 

 

タッチ決済について

タッチ決済とは?

タッチ決済とは、店頭で専用の端末にクレジットカードをかざすだけで決済が出来るサービスです。

従来はレジにあるカードリーダーにカードを差し込んで暗証番号を入力するのが普通でした。

一方、クレジットカードのタッチ決済は専用端末にカードをかざすだけで決済ができ、サインや暗証番号の入力は不要なのでスピーディーに決済できます。

関連記事

楽天カードのタッチ決済はVISAかMasterCardのみ

2020年4月1日以降に発行した楽天カードは、全てタッチ決済対応型になっています。

楽天カードのタッチ決済を利用するには、国際ブランドをVISAもしくはMasterCardを選ぶ必要があります。

楽天カードのタッチ決済が出来る国際ブランド

  1. VISA
  2. MasterCard
 

JCBやアメックスだとタッチ決済が利用できません。それと、楽天銀行カードはタッチ決済の対象外です。

タッチ決済が使えない楽天カード

 
以上でした!
 
 
 

 

新年初の食事会。

今年も始まりました食事会。寿司割り箸

 

メンバーは元気に集合することができました。

 

先回の様に、大きなやかんが載った暖かいストーブが出迎えてくれました。

 

子供の頃学校で見たような懐かしいやかんに頬が緩みます。照れ

 

 

①茄子とよもぎ麩のオーブン焼き。

ソースが美味しかった。

 

②海老と春野菜の天婦羅。

揚げたての海老が兎に角ほくほくして美味しかった。キラキラキラキラ

野菜にはもうフキノトウもありました。

 

③鮑とキノコのブルゴーニュ風。

ニンニクとオイルのソースがブルゴーニュ風ということで、

パンに付けて頂くので、最後まで綺麗に頂ける。キラキラ

 

④海の幸のパイ包み焼き。

このレストランの定番料理。熱々でほっこりする。

 

⑤南鮪の鉄火丼

蠣のお吸い物がついて、もうお腹いっぱい。ニコニコ

 

⑥バニラくずもち&コーヒー。

 

すべてのお料理は個室で頂けるので本当にゆっくり、ゆったりとお食事を楽しめる。

お喋りもあっちへ飛んだりこっちに来たりと時計を見なければいつまでも続く。ウインク

 

帰途、皆でちょっとドライブして場所を変えてのお茶の時間を持って満足した一日となりました。

 

次回まで、また元気で過ごしましょうね!照れ

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた来たぞ~、新たな問題勃発!

2023/01/24の記事では「諸問題解決・・・。」などとまとめを書いたが、2023/01/21にはまた問題が勃発していた!

何と更新期を迎えたばかり(2022/12月)の楽天カードが機械に拒否られました。びっくり

 

クレジットカードが何度も支払い完了にならない事態。

スーパーの店員さんがパニクって、何故だ?何故だ?と右往左往してました。ガーン

 

今年は何なんだ~!ピリピリ

問題ばかりが発生する!

 

その場は他社のクレジットカードで支払いは済みましたが、よく見ると磁気部分が傷ついているように見える。??

 

対応は素早く!がモットー!ランニングランニングランニングダッシュダッシュダッシュピリピリ

 

楽天カード」に電話?

裏面にはそんな番号は無し。

裏面のQRコードを読み込む?

ページは開いた。

その他の方法は?

 

 

楽天カードアプリを開いた。

支払い明細確認時のように「楽天e-NAVI」を開く。

「カードサービス」の欄から「カードを作り直す」を選択。

 

そこからは自分のデータが正しいことを確認し、

「作り直しの理由」を選択してカード作り直しの申請は完了!

 

「おおっ!気づきこれで新しいカードが送られてくる!気づき早っ!」

 

クレジットカードが使えない?何故?なんて考えていることはないのだ。

使えないのが事実だとしたらそのカードは使えない。ニヤリ

新しいカードを作り直せば問題解決なんですね!?

 

不意の問題発生でも、今はネットですぐ解決できるんだ!

何だかすっきり!流れ星

 

問題発生21日(土)、申請21日(土)、さて、新カードが郵送されてくるのが”いつ”なのか

待つのが楽しみになりました。ウインク

 

 

 

 

 

 

 

枕は猫に侵略されている・・・が。

「同じ枕で寝る猫。」

2023/01/13の記事です。

 

 

 

我が家の猫さんの最近は、兎に角枕で寝るのが気に入った模様。ニヤリ

 

猫にとって、ちょっと高さがあるのがいいのか、身体を枕にもたれかかったり、

身体全体を載せてみたりとどんどんエスカレートしている。えー

 

私が頭を枕に載せていても、乗れる分だけ乗ってきて、そこで寝る態勢を取ろうとする。ニヤリ

 

「お~い、それでは私が寝れないよ~!」

 

私が横向きになると、そこには猫のお尻と尻尾が目の前にあったりする。ニコ

 

好かれるのは構わないが、

「これでは私が眠れないよ~!(笑)えーん

と、叫び、ちょっとずれてもらう。

 

しかし、また枕に乗る気満々で約半分のスペースは占拠されてしまう。

 

仕方がないので、その状態の猫さんに毛布を掛けて寝る。

 

毛布の中でゴソゴソと方向転換して、結局私の顔の真横には猫さんの頭がある状態で寝る。

グッと猫さんの全身を触ることができる。

 

内心は・・・、

「猫さんと頭を並べて寝れるなんて幸せ~!照れ

と、感じているのだ。

 

窮屈でも、髭がくすぐったくても、あっち向いたりこっち向いたり面倒臭くても、

猫さんの全身が私の顔の真横にあって、全身を包み込むくらいの近さで寝てくれるのは

嬉しいのだ。

寝る時の楽しみとなっているのだ。

 

枕を乗っ取られようと、何を乗っ取られようと構わないのだ、冬の夜の猫との添い寝は

極上の楽しみなのです。(笑)

 

「猫さん、今夜も同じ枕で一緒に寝る?口笛

「ニャ!」(˘ω˘)💤